船橋市議会議員 日色健人 意志あるところ必ず道あり

待っていたって、始まらない。さあ、新しい船橋に! より良い船橋のため、日々奮闘する船橋市議会議員 日色健人の活動をつづるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3457票の重み


こんにちは。日色です。

一昨日の投開票以来、まともに寝る間もないほど慌しい2日間を過ごしておりました。ようやく今しがた、少し落ち着いてパソコンの前に座っていますので、簡単ですが書き込みをいたします。

開票終了の瞬間、感じておりましたのは嬉しさでも安堵でもなく、ただただ震えるような緊張だけでした。
3457名もの人々が投票所へ足を運び、私の名前を書いていただいたことへの恐れにも似た緊張と、感謝の思いでただただ言葉もございません。

これから市議会議員の仕事を通じて、任期4年間を全うし、このご期待にお応えしていかねばなりません。
どうぞ今後ともご指導を賜りたく、謹んでお願いを申し上げます。

今日は午後から当選証書の付与式となります。
選挙戦を振り返っての感想その他は後日改めて書かせていただきたいと思います。

(公職選挙法の規定により、当選後のお礼挨拶には制限がございます。私の気持ちを正しくお伝えできませんこと、なにとぞご了承ください)
スポンサーサイト

人事を尽くして・・・

こんばんは。日色です。
11月から途切れ途切れにつづってきたこのブログも、本日でいったん最後となります。
法律により、告示後の選挙期間中はHPの更新が出来ないものとされておりますので、次の書き込みは開票後となるでしょう。

活動を開始してから6ヶ月、あっという間だったというのが正直な感想です。
この間、色々な方からお叱りをうけ、またそれ以上の激励をいただいて歩きつづけて参りました。今まで知らなかった地域の路地一本一本に多くの人々の生活があり、暮らしが根付いていることに気付いた半年でもありました。

この人々の暮らしを守り、より良いものとして次代に引き継ぐために自分は何をすることができ、何をなすべきであるのか。
政治の仕事を通してそのお手伝いをすることができれば、これこそ男子一生の本望と、今強く感じています。

明日からの選挙戦、残り限られた時間の中でできることはわずかなのかもしれません。しかし、今まで自分が感じたこと、考えることのすべてを、許された方法すべてを駆使して、お訴えしていきたいと考えています。

明日から1週間、市民の方にとっては時に騒がしい存在となるかもしれません。しかし、どうか私を含めた候補者の訴えにしばし耳を傾けていただき、より代弁者としてふさわしい者に、投票を通じて意思表示をしていただきたいと思います。
そして私が、そのふさわしい者としてお認めいただけるよう、誠心誠意お話し申し上げたいと考えています。


次の書き込みでよいご報告ができますよう、全力を尽くします。

これまで賜ったすべてのご好意と激励に深く感謝し、必ずやご期待に応えることをお誓いして、告示前最後の日記とします。

告示まであと4日

こんばんは。日色です。
告示まであと4日、慌しさもピークです。

ここのところの動きをまとめて。

4月?日 県議選最終日 お世話になっている先輩(早大)県議の応援演説。JR船橋駅南口で2時間あまりマイクを握る。選挙最終日の昂揚感であっという間の2時間でした。

4月?日 県議選投開票 県議事務所で開票結果を待つ。23時ごろ当確の一報。「次は君の番だね」との暖かい激励をいただく。

4月?日 朝駅頭再開 JR船橋駅北口は当選県議の御礼挨拶と重なり、県議3名、市議3名、市議候補2名の大混雑でした。

4月?日 選挙カーレンタル契約 上述の県議からスピーカー機材一式をお借りする。車も同じレンタカー会社で契約。本当に有難い。21,000票を出した縁起のいい車です。

4月?日 立候補届出書類事前審査完了 選挙カーの車検証のコピーもそろい、ようやく事前審査完了。あとは告示日を待つだけです。


慌しさにかまけて、うっかりとした失礼や忘れごとがないよう、注意しなければと思っています。
候補者が倒れては、ご支援いただく方にも申し訳がたちません。
体調管理も最優先です。

あと11日、倒れずに走り抜けてみせます。ご支援ください。

選挙と拡声器

こんばんは。日色です。

県議選も終盤に入り、各陣営とも「最後のお願い」モードに入ってきたようです。
といっても、こんなことを感じるのは私が同じ世界に身を置く(置こうとしている)からかもしれません。
多くの皆様にとっては、「今週は選挙カーが何度か走ってきてうるさいな・・・」というのが正直な実感なのではないでしょうか。

選挙カーや街頭での演説について、少々意見を申し述べておきたいと思います。
現在の公職選挙法では主要な選挙運動の方法として、選挙カーの使用や街頭での演説が想定されており、選挙カーのレンタル費用・運転手の報酬は公費で負担をしていただけます。
ちなみに、政策チラシなどの文書は配布できません。
つまり、選挙カーや街頭演説は「お墨付き」の選挙運動であるわけですが、同時に上述のようなクレームも多く寄せられます。
大きなマイクで候補者氏名のみを連呼して遠ざかっていく選挙カーに、どれだけの意味があるのかという意見にも一理あるでしょう。

そもそも、拡声器を使っての街頭での演説に対し、近年一般の皆様の視線が大変厳しくなっているのではないかと感じています。
政治的無関心の表れかもしれませんが、政治家の街頭演説に対し、歩を止めて聞いていただく方の少ないこと。一瞥でもしていただければいいほうですが、耳を押さえながら通り過ぎられるのを見ると、申し訳なさも感じてしまいます。
そんなこともあり、私はこれまで街頭ではマイクを持たず、チラシの配布に専念してきました。

しかし、15日からの選挙戦では、はばからずに選挙カーならびに街頭での演説を行わせていただきたいと考えています。
4年に1度の選挙に際し、私という個人が立候補していること、その存在と特徴(たとえば年齢、信条)の一端なりともお伝えして、投票の際の判断材料のひとつとしていただけるのであれば、それは結果として有権者全体のプラスになることと思うからです。
街頭演説についても同様のことが言えるかと思います。

拡声器の利用は騒音被害を生むとのご意見も確かに留意せねばなりませんが、(学校や病院の周辺などでの拡声器利用は禁じられています)1週間という限られた間でのアナウンスは、健全な民主主義のための必要なコストである、との認識に立って、お訴えをさせていただく予定です。

もちろん、皆さんに聞いていただくに足る内容をお訴えすることが大前提ですが、是非皆さんにもご理解を賜り、しばしのあいだ耳を傾けていただければと思います。
3分間で結構です。3分立ち止まって候補者の声を聞いていただければ、ある程度のことはご理解いただけるのではないでしょうか。
私も気を引き締めて、信条をお話ししたいと考えております。

県議選追記

なお、県議選期間中、県議選候補者以外の街頭での活動は自粛するとの
慣例があるようですので、30日(金)より街頭での活動を控えさせて
いただいております。
ご挨拶も「船橋の論点」もお届けできませんが、事情ご賢察のほど。

県議選スタート!

こんばんは。日色です。
すっかり春本番、あちらこちらの桜並木も満開の4月となりました。

一昨日より、県議会議員選挙がスタートし、市内各所のポスター掲示場には
各候補のポスターが勢ぞろいし、選挙モードとなったようです。
私も時間を見つけては、日頃お世話になっている県議の方のお手伝いに
出向いています。

しかし、なかなか皆さんの関心は高まっていない、というのが正直な
ところではないでしょうか。各陣営の中ではいよいよ選挙本番と
盛り上がっているでしょうが、なかなか街頭で人が集まるほど、
大きな関心が集まっていないのではないかと感じています。
是非、各候補の横顔を見比べて、ふさわしい候補者をお選びいただければと
思います。

8日の投開票まで、あと1週間、選挙戦を見守っていきたいと思います。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。